どうして移住するのか

沖縄へ移住する理由はさまざまです

沖縄の独特の文化に魅了されてという人々も多いですが、
自然派には圧倒されてます。行き当たりばったり、
沖縄に触れて気に入ってしまい
あっという間に沖縄に長居してそのまま住みついたという方々も多いですが。

子どものことについても、
この豊かな自然に恵まれた沖縄の地で健やかに優しい子が育ってくれればそれで十分。

そう考えて沖縄に住み着く人も多い・・・とか

沖縄の現実を知るためには、インターネットは有効な方法です。
移住関係のほとんどのサイトはいいことばかり書いてますが
沖縄の現実を書いているサイトもあります。


移住者はかならずしも沖縄に惚れ込んで移住した人ばかりではなく
事情ありの人が少なからずいることも現実です。


普通は年配者や第2の人生、セカンドライフを沖縄でスローライフをと思い浮かびますが
年配者よりも20代から30代独身者に移住者が多いのが不思議です。

夢を追いかけてなのか、都会の喧騒や人の中にうもれるのがいやなのかは
わかりませんが、現実には若い世代がおおいのです。

本土の厳しさから逃れる場所として沖縄移住を望む人も少なからずいるということです。

ワケありで対人関係や会社からの逃避、借金逃れ、元犯罪者、
ヤクザ組織からの逃亡など
夢や理想を追い求めての移住ではなく逃避的な移住ですね。


移住関連サイトには色々とありますが
ほとんどが良い事ばかりを書いています。

その中でも現実を書いているのサイトもありますので
それを参考にしてください。


サポートは

沖縄移住計画のサポート


現地での移住サポート体制はどのようになっているのか


県の中心都市那覇の都心を離れて中部にある沖縄市に
「沖縄移住計画、ドリームショップ」という
市と商工会等がサポートする文字通り移住支援事業が存在しています。

何かあれば相談してください。


沖縄への移動傾向は、はっきりしていて
関東、近畿の首都圏、市街地からの移動が圧倒的。

もちろん、この統計は「移動」動向を示すものであって
「移住」をとらえているものとは言い切れません。

一方、「国内移住先」人気を示したデータによれば、
沖縄という地域はそのトップを示す結果となっています。

どうして沖縄を選び、そして移り住もうとする人たちが
増え続けているのでしょうか。


移住する理由はさまざまでしょう

夢を抱いて移る人もいれば何かから逃げるための人もいるでしょう

「新しい環境で生活したい」それの選んだ先が沖縄なんです。
つまりは「沖縄で幸せになりたい」からなのです。

今の現状から夢に向かって・・・


移住のための最低限のサポートはあるでしょうが
はっきりいってアテにしてはいけないでしょう
自分でやっていく意識を強くもたないと
何かに頼っては失敗の原因になります。

壁に当たってからサポートに頼るように考えないと
はじめから頼ってはいけません。

困ったときのサポートです。

悩みすぎない事もたいせつ

沖縄移住の考え方について


計画はあくまで計画です。
そのときそのときでどんな事情が待っているかわかりませんので、
さまざまなケースに備えて心の準備はしていてもらいたいと思います。


重要なことは自分の意志を固める事です。

あれこれどうしようか考えるのはいいことで
考えて計画を立てるのは重要です
でも悩みこんでしまっては前に進みませんし、
不安がつのるばかりです

家族がいればなおさらです。
あなたの不安が伝わると振り回されている気持ちになって
協力しようにも応援しようにも、
気持ちがなえることになりますから要注意です。


方向が正しければ悩むよりも考えがすすみます。

生活からはじめて仕事、学校等の重要な事をまず調べて
どうなるのかをシュミレーション

細かいことはまだ現実になるまで
実際どうなるかわかりませんので
普通の引越しと思えばずいぶんらくになります。


問題は生活の糧です。
それと子供や家族の問題をクリアすれば
実行に向かって勧めるのではないでしょうか

沖縄で住むんだというゆるぎない意思があれば
現実へと進んでいきます。

悩みすぎないことです。
楽しく考えればいいんじゃないでしょうか。

移住するための計画をたてる

沖縄移住計画の立て方


沖縄移住したいと思いたつとどうするか

沖縄移住計画を成功させるためにまず段取りを組みますね。
行動のすすめ方・計画を決めるということですね。


・まずは、移住する理由をじっくり見つめ直す。
移住が最善の選択であるという確信を持つ。

・家族と一緒ならば計画の相談・同意を確実に得る。

・インターネットの世界を利用して現地のあらゆる情報をどんどん吸収する。

・生活の糧・収入源となる仕事・職業の継続か、転職か、起業・開業かを決める。
適職がなければどうするか、アルバイトやお手伝いで生活できるのかどうか

・できる仕事、やりたい仕事があるならいいですが必要なら転職、
または起業に不可欠なスキルをまず現職の間に身につける。

・最低限の資金を確保する。
移住してすぐに現地で職に就けたとしてもある程度のお金は必要です。


実際に移住するとなるともっと細かい手順が必要ですが
考えるのも楽しいですし、まして実行に向かっての考えですから
わくわくします、でも空想や妄想のように現実はあまくないので
慎重に考えなければいけませんね

慎重にといっても、考えすぎて実現できなくなってしまっては
なんにもなりません、あくまでも移住するのを前提として
考えることが大切です。


今はWEBサイトにもたくさんの情報が流れていますから、
積極的に移住の現実の声を拾って研究してみてください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。