どうして移住するのか

沖縄へ移住する理由はさまざまです

沖縄の独特の文化に魅了されてという人々も多いですが、
自然派には圧倒されてます。行き当たりばったり、
沖縄に触れて気に入ってしまい
あっという間に沖縄に長居してそのまま住みついたという方々も多いですが。

子どものことについても、
この豊かな自然に恵まれた沖縄の地で健やかに優しい子が育ってくれればそれで十分。

そう考えて沖縄に住み着く人も多い・・・とか

沖縄の現実を知るためには、インターネットは有効な方法です。
移住関係のほとんどのサイトはいいことばかり書いてますが
沖縄の現実を書いているサイトもあります。


移住者はかならずしも沖縄に惚れ込んで移住した人ばかりではなく
事情ありの人が少なからずいることも現実です。


普通は年配者や第2の人生、セカンドライフを沖縄でスローライフをと思い浮かびますが
年配者よりも20代から30代独身者に移住者が多いのが不思議です。

夢を追いかけてなのか、都会の喧騒や人の中にうもれるのがいやなのかは
わかりませんが、現実には若い世代がおおいのです。

本土の厳しさから逃れる場所として沖縄移住を望む人も少なからずいるということです。

ワケありで対人関係や会社からの逃避、借金逃れ、元犯罪者、
ヤクザ組織からの逃亡など
夢や理想を追い求めての移住ではなく逃避的な移住ですね。


移住関連サイトには色々とありますが
ほとんどが良い事ばかりを書いています。

その中でも現実を書いているのサイトもありますので
それを参考にしてください。

子供の心配事

沖縄での子育てについて


子持ち家族で移住しようと思うときに考えなければいけないのは
子どもの教育、つまり子育てです。

移るだけで相当のリスクはありますが、
移ってからのリスクが心配ですね。

いきなり違った環境・地域になじむというのには、
多少無理を覚悟しなければならない状況もあることでしょう。


夫婦が同じように沖縄移住を夢見て準備にいそしんでいるというならともかく、
夫婦であるからという関係や状況に押されて、
やむなく沖縄移住を・・・


そんな消極的な気持ちを胸のうちに秘めている方も多いかもしれません。
子育てにも不安が付きまとい、気が気でないということもあるでしょう。

子育て環境や子供の教育に関心が高いのは、親なら当然です。

移住志望であるあなたが子育てに関して心配し、
また慎重に考えること


・病院とくに小児科など医療機関はあるのかどうか。

・保育園はあるかどうか。乳幼児預かりのサービスは充実しているかどうか。

・近場に子供の生活用品が簡単に手に入る環境がそろっているかどうか。

・幼児預かり可能な学童保育や施設などがあるかどうか。

・沖縄県内であれ県外であれ進学について影響は無いかどうか。

・塾など放課後の教育環境はそろっているのか。


などですが、沖縄移住を夢見るあなた、
沖縄への移住を実現するために歩んでいるあなたが、
子どもの教育や子育てについてこだわっていることは、
上にあげたようなものでは無いような気がします。


沖縄に移住をしようと考える人たちのほとんどが

「自然派志向」

ですよね。

都会の喧騒から、距離を置いて、
・自然を楽しみ
・自然を体感し
・自分を見つめ
・自然と触れ合っての生活がしたい

そう思って移住している人々がほとんどです。

子どものことについても、
この豊かな自然に恵まれた沖縄の地で
健やかに優しい子が育ってくれればそれで十分。
そう思って移住する人がほとんどだそうです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。